FC2ブログ
 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.07.1

「成熟」とかとっくに興味ないし。

今のバイト先の関係で、エリクソンの発達図式なんかを毎日のように見せられる。こういうやつだ。
以前から阿呆らしいと思っているのだが、何度見てもやはり阿呆らしくてたまらない。こういう適当に絵に描いたような「人生のモデルコース」を学問的な衣でくるんで流通させることに何の意味があるのだろう?と疑問形で書いているがどういう意味があるかはまあわかっていて、特定の時代と地域と階層にしか通用せず、いや、その中でも現実にはほとんどどこにもないような人生のモデルを、こうしてあたかも普遍的な、誰もが追求すべき、追求しうる「普通の人生」であるかのように錯覚させるのだ。そういう「普通」幻想産出装置の一部品として、要するに意味をもっている。

心理学関連の理論って、本当にこういうのが多くて辟易する。

しかし、こういう校長の退屈な訓示のようなことを言っていたエリクソンという人自身は、なにやら「普通」とは言いがたい、複雑な経歴の持ち主だったようなのだよね。そこは少し面白いと思う。「普通」が手に届かなかったがゆえの見果てぬ夢のような意味も、もしかすると彼自身にとってはあったのかもしれない。もちろん、それを定式化して得々と語る説教臭い振る舞いが迷惑なのは、だからといって変わらないのだが。
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://tsurishinobu.blog92.fc2.com/tb.php/380-0080a156
 

プロフィール

 

岩尾忍

Author:岩尾忍
1980年生れ。
2010年、詩集『箱』(ふらんす堂)。

 

カテゴリ

 
 

検索フォーム

 

 
 
 
 Designed by Paroday / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。