スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.19.2

 とりあえず、「国民」はやめようよ、と。
 「国民」という語を、たとえば「市民」や「住民」と言い換えるだけで、だいぶ違うのだ。漠然と「みんな」というような意味で、「国民」を使ってはいけない。「みんな」が日本「国民」ではない。「わたしたち国民」と聞くたびに、「それはわたしのことではない」と感じる多くの人々を含んで、日本のこの社会は成り立っている。

 小さなことに見えるかもしれないけれど、私ですらもう習慣的に、この言葉遣いには耳をそばだてる。躊躇なく「国民」を連呼する人には、その程度の認識なのだと一定の不信を置く。
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://tsurishinobu.blog92.fc2.com/tb.php/390-501f4372
 

プロフィール

 

岩尾忍

Author:岩尾忍
1980年生れ。
2010年、詩集『箱』(ふらんす堂)。

 

カテゴリ

 
 

検索フォーム

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。